JILS/ロジスティクス大賞の受賞事例決定

2020年09月01日 

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は9月1日、2020年度「ロジスティクス大賞」の受賞事例を決定した。

「ロジスティクス大賞」は、Kyoto RoboticsとPALTACによる「日用品卸センターの省人化・自動化における知能ピッキングロボットの活用~マスタレス・ティーチレスのケースピッキングロボットの開発と導入~」。

「SDGs環境賞」には、豊田自動織機の「貨物自動車の累積積載率データ取得及び分析による物流CO2削減への取り組み」が、「業務革新賞」には加藤産業の「全国物流拠点の物量予測・出荷生産性改善レベルのボトムアップ・標準化の取り組み~物流管理業務へのAI技術の有効活用~」が選ばれた。

「ロジスティクス大賞」を受賞したKyoto RoboticsとPALTACは、日用品を取り扱う物流センター業務のケースピッキングをロボットによって完全自動化。労働集約型からの脱却を可能とし、労働生産性を飛躍的に向上させる取り組みが高く評価された。

最新ニュース

物流用語集