川崎汽船/神戸・関西圏水素利活用協議会に参画

2020年09月04日 

川崎汽船は9月4日、神戸・関西圏における水素利活用の社会実装と水素サプライチェーン構築を目的とする「神戸・関西圏水素利活用協議会」に設立時会員として参画すると発表した。

協議会では、技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(HySTRA)による「豪州褐炭を有効利用した水素サプライチェーン構築実証事業」や、神戸ポートアイランドにおける「水素コージェネレーションシステム実証プラント」、関西地区における「水素発電導入可能性調査」の実施など、関西圏で実施されている水素利活用の社会実装に向けた取り組みを一層加速させ、日本政府の発表した「水素基本戦略」「水素・燃料電池戦略ロードマップ」の目標実現を目指す。

構成企業には川崎汽船のほか、岩谷産業、大林組、川崎重工業、関西電力、神戸製鋼所、シェルジャパン、電源開発、丸紅、三菱パワー、ENEOSが参画し、既存の実証事業で得た知見と神戸市・関西圏で活動する事業者が保有するリソースを融合させ、2030年の大規模水素利活用を見据えた事業モデルの検討を実施する。

また、2030年の商用化に向けた大規模実装実現へのロードマップを策定するとともに、2025年頃の水素利活用商用化実証に関する具体的なスキームの構築を目指す。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集