AGILOX/群知能誘導、自律型カンターバランス式フォークリフト

2020年09月16日 

本社をオーストリアに構えるAGILOXは9月16日、新しい自律型のカンターバランス式全方位走行フォークリフトを発売した。

<自律型のカンターバランス式全方位走行フォークリフト>

これにより、群知能で誘導するインテリジェント搬送車の製品ラインナップを拡大。この新製品の投入で、AGILOXは保管庫や倉庫の入出庫など従来のイントラロジスティクスという新たな応用分野への参入を果たした。

AGILOXの超軽量で高効率なフォークリフト製品シリーズ「ONE」は、AGV(無人搬送車)の概念を一新した。全車両を集中制御システム無しに運用でき、文字通り自律的に生産現場や倉庫内を自在に走行する。

極めてコンパクトなAGILOXのIGV(インテリジェント搬送車)は、群知能による分散型の制御原理に従って自らの経路を計画することで、従来のAGVよりもはるかに高い柔軟性を実現する。加えて、車両のプログラミングやティーチングも大幅に容易となり、保守やアップデートなどを含めて集中制御用ソフトウェアによるプログラムは不要になる。これは運用コストを削減する革新的なポイントとなる。

AGILOXは、このIGVの製品ラインナップに「OCF」(Omnidirectional Counterbalanced Forklift〔カンターバランス式全方位走行フォークリフト〕)を加えることで、その拡充を図る。これまでの「ONE」が荷物の持上げ装置としてシザーリフトを装備している(そのため車両外形に収まる荷物を搬送する)のに対し、新しい「OCF」は、カウンターバランス式フォークリフトのスタイルに設計されている。

したがって、平パレットやメッシュパレットなど最大重量1500kgの荷役台を持ち上げ、指定場所まで搬送可能。また、荷物は最高1600mmまで揚高することができる。

そのため、AGILOXのスマートで低コストなIGVコンセプトに新たな応用分野が広がる。「ONE」車両が主に生産現場での材料供給に用いるのに対し、「OCF」はパレットベースの搬送が可能なため、生産現場での活用はもとより、荷物の積み下ろしやオーダーピッキング、倉庫内業務など従来のイントラロジスティクス作業も可能。

「OCF」も「ONE」とまったく同様に、全方位駆動コンセプトを採用している。したがって、狭い通路を横移動して、ある位置で方向転換するなど、最小限のスペースを巧みに活用できる。また、同じリチウムイオン(LiFePO4)バッテリー技術を用いて、短い充電時間による長時間な稼働を保証。わずか3分の充電で最長1時間の動作が可能だ。

このIGVの車両群は、オープンAPIインターフェースを介して、顧客のソフトウェアシステム(LVRやERP、WMS、MESなど)に接続できる。さらに、オプションのI/Oボックスを使えば、その高度な制御システムにより、シャッターや据付のコンベアシステムといった他のインフラとのインテグレーションも可能。また、解析モジュールは、関連するすべての稼働データやKPI情報をユーザーに提供する。

群知能をもとに「ONE」と「OCF」を組み合わせて運用すると、いっそう大きなメリットが生まれる。例えば、小型の「ONE」が組立ステーションへの部品供給作業や電子カンバン式部品棚への対応を行う一方で、同じ制御システムとWiFi設備を用いて、大型の「OCF」がパレット搬送を担う。

「OCF」の試作機は、オーストリアのフォルヒドルフ工場におけるテストで優れた結果を収めている。間もなく量産を開始し、2021年の第1四半期には顧客への納入を予定している。

■AGILOX
https://www.agilox.net

最新ニュース

物流用語集