日本郵便/物流分野で日本初の配送ロボットの公道走行実証実験

2020年09月17日 

日本郵便は9月17日、日本で初めてとなる物流分野での配送ロボットの活用に向けた公道走行実証実験を行うと発表した。

<使用する配送ロボットDeliRo(デリロ)>
使用する配送ロボットデリロ

試行概要では、日本で初めて公道(歩道)において、配送ロボットによる輸配送実証実験を行うことで、ラストワンマイル配送における配送ロボットの可能性を検証し、省人化配送の実現を推進する。

実施協力企業はZMPで、同社の配送ロボット「デリロ(TM) (DeliRo)」の提供と運航の実施を行う。

なお、政府の「成長戦略実行計画(2020年7月17 日閣議決定)」では、「低速・小型の自動配送ロボットの社会実装に向けて、「遠隔監視・操作」型の公道走行実証を年内に可能な限り早期に実現し、その結果を踏まえ、早期に制度設計の基本方針を決定する」こととされている。

この実証実験は、こうした政府の決定を踏まえて行うものとしている。

■概要
期間:必要な手続きの終了後から、2020年10月末まで
場所:東京都内
使用する配送ロボット:デリロ(TM) (DeliRo)外寸96㎝×66㎝×109㎝

最新ニュース

物流用語集