ウェザーニューズ/小型気象IoTセンサーがドローン物流で採用

2020年09月17日 

ウェザーニューズは9月17日、高性能気象IoTセンサー「ソラテナ」の法人向け販売を開始した。

<ソラテナ>

<商品を運ぶKDDIのドローン>

「ソラテナ」は、気温・湿度・気圧・照度・紫外線・風向・風速・雨量の8要素を1分毎に観測。直径約14cm、高さ約20cm、重さ約1kgと小型かつ軽量なため持ち運びも容易で、IoT向けのSIMを用いたデータ通信により日本全国の幅広いエリアで安定した通信が可能となっている。

強風対策や熱中症対策、ドローン物流の安全運航、農作物の生育管理などでの活用を想定しており、すでに、ドローン物流の分野ではKDDIがモバイル通信を用いた遠隔監視・制御によるドローンの目視外自律飛行プラットフォーム「スマートドローンプラットフォーム」で「ソラテナ」を先行運用。ドローンの運航事業者がタブレットを通して現場の風速をリアルタイムに確認することで、ドローンの安全運航を実現している。

今後も、ウェザーニューズとKDDIはドローン事業で連携を深め、ドローンを使った物流配送や遠隔監視業務など、ドローン運航の安全性向上に努めていく方針。

■「ソラテナ」WEBサイト
https://wxtech.weathernews.com/soratena.html

最新ニュース

物流用語集