国交省/2019年度宅配便取扱実績43億2349万個(1.0%増)

2020年09月18日 

国土交通省は9月18日、2019年度の宅配便取扱実績を公表した。

<宅配便取扱個数の推移>

宅配便取扱個数は43億2349万個(前年度比1.0%増)となた。内訳はトラック運送が42億9063万個、航空等利用運送が3286万個。

<便名ごとの宅配便(トラック)取扱個数>

便名ごとのシェアをみると、トラック運送は上位5便が全体の99.8%を占めており、このうち「宅急便」「飛脚宅配便」「ゆうパック」の上位3便のシェア率は94.0%となっている。

<便名ごとの宅配便(航空等利用運送事業)取扱個数>

航空等利用運送については、「飛脚航空便」「宅急便タイムサービス等」「フクツー航空便」「スーパーペリカン便」の4便で全体の53.5%を占めている。

<メール便取扱冊数の推移>

<便名ごとの取扱冊数>

メール便取扱冊数は47億192万冊(6.4%減)となった。

シェア率は「ゆうメール」「クロネコDM便」の上位2便で96.9%を占めている。

最新ニュース

物流用語集