トワード、ヤマエ久野/九州エリアの低温物流で業務提携

2020年09月18日 

トワードは9月18日、ヤマエ久野と九州を中心としたエリアでの低温物流に関する倉庫事業や配送事業等で業務提携すると発表した。

<取り組みイメージ>
トワード、ヤマエ久野が低温物流での取り組みイメージ

協業によって、ヤマエ久野の食品卸売分野での顧客基盤や提案力と、トワードが持つ福岡低温物流センターや九州ハブ低温物流センター等の拠点網および独自の鮮度管理技術等を掛け合わせ、九州を中心としたエリアでの低温物流に関する倉庫事業や配送事業で一層の強化を図る。

両社の持つ経営資源と経営ノウハウを有効に活用し、事業効率の向上を目指す。

■両社の概要
「ヤマエ久野」
所在地:福岡市博多区博多駅東2-13-34
事業内容:食品(含む原料)、酒類、飼料畜産、木材・住宅資材の卸売及び物流事業
設立年月日:1950年4月27日
資本金:29億7400万円

「トワード」
所在地:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町三津166-13
事業内容:一般貨物自動車運送事業、貨物運送取扱事業
設立年月日:1951年1月11日
資本金:1億円

最新ニュース

物流用語集