トワード/ 運行管理プラットフォームにオプション追加

2019年02月13日 

トワードは2月13日、運行管理プラットフォーム「Dac-SAM /tr(ダックサム ティーアール)に「Eco-SAM(エコサム)」の安全運転・エコドライブ運転評価システムをオプションとして追加し、2019年4月よりサービスの提供を開始すると発表した。

<「Dac-SAM/tr」の動態管理画面 >
「Dac-SAM/tr」の動態管理画面

同時に、パイオニアが展開している通信ドライブレコーダー「TMX-DM02-VA」及び「B.PROカーナビ」の対応端末となり、2019年4月より機能追加される予定。

このサービスのオプションはパイオニアが展開している通信ドライブレコーダー「TMX-DM02-VA」及び「B.PROカーナビ」の対応端末となり、2019年4月より機能追加される予定。

このサービスのオプション対応端末を利用することで、車両に様々なシステムをつけることなく事故や危険挙動の通知、映像による状況確認等の安全運転に貢献する機能のほか、車両の動態管理、運転日報の自動作成といった車両管理に関する業務効率を向上させる機能を併せて活用することができる。

これまでのEco-SAMは専用ロガーと専用の解析ソフトが必要でデータを取得する必要があったが、パイオニアとの協力の元、対応端末であればインターネットを介したデータの取得・解析を介してのデータ取得が可能となった。また、導入実績のノウハウを活かし、運転指導や車両管理等の運用についても、このサービスのオプション対応端末であれば「運用管理及び運転指導代行サービス(仮称)」を追加サービスとして利用することが可能だ。

なお、Eco-SAMはトワードが開発した小型で安価なEco-SAM専用ロガーと特許技術「運転評価方法及びシステム(特許第3944549号)」を利用した運転の安全を見える化(指数化)するサービス。Eco-SAMは販売開始以来、 現在までに3万台を超える販売実績があり、導入企業では安全運転による交通事故の削減と併せてエコドライブを実現し、保険料の削減や燃費向上のほかCO2削減といった環境保護にも貢献している。

最新ニュース

物流用語集