Datumix/自動倉庫の出庫処理を効率化するAIアルゴリズム開発

2020年09月18日 

物流テックベンチャーのDatumixとトーヨーカネツは9月17日、物流の倉庫出庫作業を効率化するAIアルゴリズムを共同で開発し、4月7日に特許を申請したと発表した。

自動倉庫出庫作業、AIアルゴリズムで20%時間短縮

このAIアルゴリズムでは、ディープラーニングによる「時間予測」を用いて、立体シャトル自動倉庫の出庫処理全体の84.6%を占める商品トレイの集約にかかる時間の削減に取り組んだ。

実際の物流センターに納入した立体シャトル自動倉庫のモデルをコピーしたデジタルツインを構築し、その上で集約出庫制御に係る既存のアルゴリズムとAIアルゴリズムを比較。その結果、立体シャトル自動倉庫からのオーダー集約出庫作業で、出荷される多品種の商品アイテムをオーダー単位に集約する時間を約20%短縮できることが検証された。

この技術は、主に立体シャトル自動倉庫とAGV・AMRへの応用で培ったもので、さまざまな物流設備や機械に応用が可能。

今後、両社は実際の設備で検証作業を進めるとともに、物流のスマート化に向けて新しいテクノロジーの提供を行うとしている。

最新ニュース

物流用語集