日本郵船/グループ会社運航船がマラッカ海峡で8名の人命救助

2020年09月30日 

日本郵船は9月30日、グループのPT. NYK-SPIL INDOROROが運航するRORO船「KALIMANTAN LEADER」が、9月23日(現地時間)、マラッカ海峡で遭難した漁船の乗組員8名を救助したと発表した。

<救助の様子>
救助の様子

<沿岸警備隊への救助者引渡し>
沿岸警備隊への救助者引渡し

グループ会社運航船はインドネシア・べラワン港からジャカルタ港に向けて航行中、マラッカ海峡で漁船が沈没し、洋上に乗組員が投げ出されているところを発見し、直ちに救助活動を行った。乗組員の健康状態に問題はなく、9月24日、本船はインドネシア・バタム島沖でインドネシア沿岸警備隊に8名全員を引き渡した。

■KALIMANTAN LEADER概要
船長:100.29 m
船籍:インドネシア
船種:RORO船
総トン数:9535トン
船主:P.T. NYK LINE INDONESIA
船舶管理:PT. Salam Pacific Indonesia Lines

最新ニュース

物流用語集