JMU/40万重量トン型鉱石運搬船を引き渡し

2020年09月30日 

ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は9月30日、熊本県玉名郡長洲町の有明事業所で建造していた40万重量トン型鉱石運搬船「NSU TUBARAO」(エヌエスユー ツバラオ)を9月29日引渡したと発表した。

<NSU TUBARAO」(エヌエスユー ツバラオ)>
NSU TUBARAO」(エヌエスユー ツバラオ)

この船は、昨年12月に完工した本邦初の40万重量トン型鉱石運搬船(いわゆる「ヴァーレマックス」)の2番船。JMUが長年培ってきたデザインノウハウをもとにブラジル産鉄鉱石運搬専用船として船型の最適化が実施され、また随所に省エネ技術や環境負荷低減技術が結集された次世代ヴァーレマックス。

また本年1月から世界全域で施行されるSOx排出規制に対応するべく、エンジンから排出されるガスから硫黄酸化物を除去するスクラバーを搭載している。

■本船概要
主要寸法:全長361.0m x 幅65.0 m x 深さ30.2 m x 喫水23.0 m
載貨重量:39万9717トン
総トン数:19万7453
ホールド/ハッチ数:7
船級:NK
船籍:リベリア

最新ニュース

物流用語集