伊藤忠都市開発/伊勢原市に1.5万m2のマルチ型物流施設開発

2020年10月01日 

伊藤忠都市開発と伊藤忠商事は10月1日、共同で、神奈川県伊勢原市に、 物流施設「(仮称)アイミッションズパーク厚木2」を開発すると発表した。

<(仮称)アイミッションズパーク厚木2の簡易パース>
(仮称)アイミッションズパーク厚木2の簡易パース

<位置図>
位置図

この物件は、マルチテナント型物流施設として、2020年9月に用地取得を完了、2021年5月に着工、2022年7月の竣工に向け事業を推進していく。

立地場所は伊勢原市が目指す「新たな産業基盤の創出」として進めてきた東部第二土地区画整理事業の一区画で、東名高速道路・小田原厚木道路「厚木」ICから約3km、新東名高速道路「厚木南」ICから約2.5kmに位置し、 かつ主要幹線道路(県道22号線、 国道246号線)とのアクセス利便性も良く、 広域配送拠点及び神奈川県内への配送拠点として好立地の物流集積地。

新東名は、2020年3月に伊勢原JCT~伊勢原大山IC間が開通し、今後2020年度に御殿場IC~御殿場JCT間、2021年度に伊勢原大山IC~秦野IC間、2023年度に秦野IC~御殿場IC間の開通が予定されており、全域開通すると東名高速の渋滞緩和効果が期待されるとともに、東西交通の利便性の大幅な向上が見込め、立地の魅力もさらに高まると予測している。

建物は1フロア約1100坪(3630m2)、地上4階建の延床面積約4600坪(1万5180m2)で、有効天井高5.5m、積載荷重1.5t/m2と標準的な仕様を備えた汎用性の高い物流施設。1テナントの専用センターとしてはもちろんのこと、最大2テナントまで利用できる。2022年7月の竣工に向け、テナント募集を行っていくとしている。

最新ニュース

物流用語集