OKI、DHL/国内物流事業の戦略的パートナーシップ契約を締結

2020年10月01日 

沖電気工業(OKI)とDHLサプライチェーンと10月1日、日本国内における5年間のリード・ロジスティクス・パートナー(Lead Logistics Partner、 以下LLP)契約を締結し、 物流業務に関する戦略的パートナーシップをスタートすると発表した。

これにより、 OKIの子会社であるOKIプロサーブ(OPS)のロジスティクス部門、 およびOKIプロアシスト(OPA)の物流機能の一部を10月1日付でDHLが継承する。

この契約により、北海道から九州まで、全国各地のOKIの物流拠点において、入荷、保管、出荷、付加価値サービス、輸配送管理サービスをDHLがOKIのLLPパートナーとして提供することになる。

また、OPSのロジスティクス部門、およびOPAのロジスティクスに関係する一部の従業員約140名はDHLへ移籍する。

OKIは自社製品を中心とした物流業務において、顧客サービスを第一としながら物流ノウハウを蓄積し、品質向上に努めてきた。今回のパートナーシップにより、このノウハウを強みとして活かしつつ、DHLが国内製造業の物流サービスで培ってきた可視化、標準化ならびに継続的な改善のノウハウを加味することで、物流管理体制の最適化を目指す。

同時に、移籍する従業員の物流プロフェッショナルとしてのさらなる成長が図れるものと判断。OKIは、事業継承後もDHLというパートナーとともに、物流サービスの安定化、物流コストの抑制を推進していくとしている。

このLLPパートナーシップのもと、DHLは、OKIの各事業部門間およびグループ各社において、標準化された管理手法による国内物流コストの可視化、計数管理手法に基づく生産性および品質の継続的な改善を実施する。

さらに、 物流サービス業者の評価、監査、選択および管理による効率的な物流オペレーションを構築し、DHL既存顧客との共同配送などのシェアリングの促進、さらにはビッグデータ分析に基づく最適化といった取り組みにより、高品質な物流サービスの持続性と効率性を確保するとしている。

最新ニュース

物流用語集