ラサール不動産/京都府八幡市に3.8万m2のBTS型物流施設竣工

2020年10月14日 

ラサール不動産投資顧問は10月14日、、大手3PL事業者である関西丸和ロジスティクス専用のBTS型物流施設「AZ-COM Logistics Kyoto」を9月30日に竣工したと発表した。

<外観写真(北東面)>
外観写真(北東面)

<建物外観(南西面)>
建物外観(南西面)

なお、この施設は関西丸和ロジスティクスが単独契約し、契約率100%で竣工した。そして、関西丸和ロジスティクスはこの施設内に本社機能を移転した。

<倉庫部分(ドライ)3階内部>
倉庫部分(ドライ)3階内部

<倉庫部分(冷凍冷蔵)1階内部>
倉庫部分(冷凍冷蔵)1階内部

<講堂 4階東コア>
講堂 4階東コア

この施設は4階建て、延床面積3万8314.23m2の冷凍冷蔵機能を有する BTS型物流施設であり、大阪・京都の中間地の大消費地を目前に控え、京滋バイパス「久御山淀 IC」、名神高速「大山崎 IC」から約2kmと至近で、関西圏全域への配送もカバーできる物流適地に立地してい.>

ラサールは関西丸和ロジスティクスと共同で近畿運輸局より物流総合効率化法に基づいて物流総合効率化計画の認定を受け、京都府より開発許可を取得し、この施設を開発したもの。

機能面では、1階部分に冷凍冷蔵機能を有し、3温度帯(常温・冷蔵・冷凍)に対応したオペレーションが可能な他、一部倉庫内空調設備を整えている。また、東・南面の 2 面バースを備え、各階は梁下有効高さ5.5m、床荷重を1.5t/m2を確保し、垂直搬送機3台、荷物用エレベーター3台を配置している。また、駐車場85台分(普通車58台、大型車10台、2-4t車17台)が配置されている。

なお、ドライバー専用の休憩室・喫煙室・トイレを完備するなど、ドライバーの労働環境にも配慮している。

防災面では非常用発電機を設置し、緊急時に一部の荷物用エレベーター、コンセント等を停止させることなくオペレーションすることが可能。また、環境面においては、LED照明や太陽光パネル(予定)の設置など、省エネ対策・環境負荷低減に配慮した施設として、CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の評価「A ランク」の認証を取得している。

<周辺地図>
周辺地図

<広域地図>
広域地図

■施設概要
所在地:京都府八幡市八幡カイトリ1番1
敷地面積:2万32.92m2
延床面積:3万8314.23m2
構造:鉄骨造、地上4階建
用途:BTS 型物流施設(テナント:関西丸和ロジスティクス)
着工:2019年9月1日
竣工:2020年9月30日
設計・監理:コンストラクションマネージメントジャパン
施工:大日本土木・加賀田組建設共同企業体
施主:京都八幡プロパティー特定目的会社

最新ニュース

物流用語集