福山通運/リトアニアと日本語作文スピーチコンテストを開催

2020年10月20日 

福山通運は10月19日、小丸交通財団が、広島大学、ヴィータウタス・マグヌス大学と共催し、10月16日に広島大学「福山通運小丸賑わいパビリオン」において、第3回日本語作文スピーチコンテストを開催したと発表した。

<第3回日本語作文スピーチコンテスト記念撮影>
第3回日本語作文スピーチコンテスト記念撮影

このコンテストは、新型コロナウィルス感染症が拡大している状況のなか、継続的な開催をしたいという思いから日本とリトアニアをつないでの初めてのリモート開催となった。

コンテストは、「交通」というテーマで7名がスピーチを行った。最優秀賞は「新型コロナウィルスの影響で海外旅行が難しいなか、リトアニアの国内旅行をすることで、自然が美しい国であることを再発見し、この自然を守っていかなければならいない」とスピーチしたヴィリニュス大学のリュチヤ・スタンケヴィチューテーさんが選ばれた。

また、来賓として駐日リトアニア共和国大使館のゲディミナス・バルブオリス特命全権大使、在リトアニア日本国大使館の山崎史郎特命全権大使、前特命全権大使の重枝豊英氏、主催者として広島大学の越智光夫学長、ヴィータウタス・マグヌス大学アジア研究センターのリナス・ディドバリスセンター長が列席した。

福山通運の小丸社長は、2017年1月30日に在福山リトアニア共和国名誉領事に就任して以来、日本とリトアニア共和国との友好親善の促進に努めている。また、福山通運は2018年8月12日にリトアニア共和国の HOPTRANS社と業務提携を行い、経済分野に加えて文化面や学術面での交流を教育機関などとの連携により推進していくことにしている。

なお、福山通運はこの催しに特別協賛をしている。

最新ニュース

物流用語集