トルビズオン/佐賀県多久市とドローン配送の実証実験を開始

2020年10月20日 

トルビズオンは10月20日、佐賀県多久市、多久市まちづくり協議会かつやく隊、AgVenture Labの協力のもと、多久市でのドローンを活用した物資運搬に関する実証実験を実施すると発表した。

<実証実験で使用する機体(DJI M300) >
実証実験で使用する機体(DJI M300)

またこの実験を契機とし、ドローン航行のための定期ルートである「空の道」構築に向けた検討を本格化する。

今回、トルビズオンが展開する「sora:share」を活用し、多久市まちづくり協議会や協力団体と共に、「1.配送困難地域とされる山間部への旅行者や居住者が、手軽に注文できるドローン・フードデリバリーサービス」や、「2.山間部の農家が農作物を直売所まで運ぶドローンデリバリー」の2つをテーマとした実証実験を行う。

実験内容は「高低差のある山間部におけるドローン配送の検証」「ドローン配送の事業モデル検証」「sora:shareを活用したドローン航行に対する社会受容確保」。

現在、物流業におけるドライバー不足、山間部に居住している高齢者の免許証返納等のライフスタイルの変化、公共交通機関の不便性などから、社会的にドローン配送サービスが注目されている。

これら諸問題の解決に寄与するドローン物流を社会実装していくためには、墜落の危険性や騒音などドローン航行のリスクを受容する地権者の合意が不可欠。トルビズオンが展開する「sora:share」は、土地所有者とドローンユーザーをつなぐシェアリングエコノミーであり、両者が合意形成したうえで安心なドローン飛行を支援するサービスとなる。

<今回の実証実験の配送ルート ( 一部区間は車にて配送 ) >
今回の実証実験の配送ルート ( 一部区間は車にて配送 )

■実証実験概要
日時:10月26日 10時30分~14時00分 (予備日:2020年10月27日 同時刻 )
場所:佐賀県多久市西多久エリア
 ドローン飛行離発着場所:西多久多目的運動広場、 船山キャンプ場
飛行ルート:図参照
(往路)キャンプ場客への食品配送(多久市名産「すっぽん鍋」の具材)
(復路)直売所に向けた農作物の配送
 離発着便数…計1便(往復)
 使用機体…マルチコプター型ドローン(DJI M300)
 搬送重量…1.5kg -搬送距離…約3km

最新ニュース

物流用語集