川崎汽船/ミャンマーに鉄道車両の第一便を現地に無事輸送

2020年10月23日 

川崎汽船は10月23日、同社の関係会社のケイラインロジスティックスが、ミャンマー連邦共和国向けの新車鉄道車両の輸送業務を日系元請企業より受託し、このほど6両の海上輸送を無事完了したと発表した。

<本船クレーンによる荷役作業>
本船クレーンによる荷役作業

これは日本政府によるODA(政府開発援助)プロジェクト「ヤンゴン・マンダレー鉄道整備計画(フェーズI)」によって全24両が日本から輸出されるもので、その第一便となる今回の6両は2011年にミャンマーが民政に移行して以降、初めて導入される日本製の新車鉄道車両となる。

9月5日にティラワ港で行われた本船からの揚げ荷役作業には、ミャンマー国鉄をはじめ、多数の関係者が参列し、本船艙内からの車両の吊り上げ、陸揚げ、構内引き込み線までのトレーラー輸送と最後の線路に載せる作業に至るまでの一連の工程に立ち会った。

川崎汽船グループのミャンマー向け日本政府プロジェクト案件輸送としては、2014年に日本政府からの無償資金協力でミャンマーに贈られた3隻のフェリー(現在、ヤンゴン川のヤンゴン-ダラ間を結ぶ“チェリー1~3号”として運航)を広島港からヤンゴン港へ海上輸送して以来となる。

川崎汽船グループは、海運業を母体とする総合物流企業グループとして、人々の豊かな暮らしに貢献することを企業理念に謳っている。こうした同社グループの輸送事業が、ミャンマーを始めとする世界の人たちの生活を支え、経済発展の一助となることを祈念しているとしている。

最新ニュース

物流用語集