丸和運輸機関/4~9月の売上高13.0%増、営業利益27.6%増

2020年11月02日 

丸和運機関が11月2日に発表した2021年3月期第2四半期決算によると、売上高537億6800万円(前年同期比13.0%増)、営業利益43億7600万円(27.6%増)、経常利益44億7700万円(26.5%増)、親会社に帰属する当期利益30億8400万円(26.4%増)となった。

物流事業の売上高は533億2300万円(13.1%増)、営業利益は42億4200万円(28.5%増)の増収増益となった。

このうち、日用雑貨を中心とするEC・常温物流においては、4月の緊急事態宣言以降、消費行動の変化や新型コロナウイルス感染拡大の懸念を受け、「ECラストワンマイル当日お届けサービス」の需要が高まったことに加え、新たに受託した3PL業務や輸配送業務の受託が順次業績に寄与した結果、売上高は214億2600万円(20.1%増)となった。

低温食品を中心とした食品物流においては、「AZ-COM7PL」戦略に基づく物流改革提案により獲得した新規物流センターの稼働に加え、外出自粛傾向に伴う内食需要の高まりを受けた物量増加が業績に寄与した結果、売上高は217億5400万円(13.8%増)だった。

医薬・医療物流は、主要取引先であるドラッグストアをはじめとする既存取引先にて、マスクや除菌関連等の一部商品や日用品における需要の拡大が見られたものの、都市圏店舗を中心としたインバウンド需要の落ち込みに伴う物量減少が影響した結果、売上高は101億4200万円(0.4%減)となった。

通期は、売上高1100億円(11.8%増)、営業利益79億円(9.8%増)、経常利益81億円(9.6%増)、親会社に帰属する当期利益52億1000万円(8.1%増)を見込んでいる

最新ニュース

物流用語集