ESR/11月9日~20日、名古屋市近郊の最新物流施設で内覧会

2020年11月04日 

ESRは11月9日~20日の平日10日間、愛知県愛西市の物流施設「ESR愛西ディストリビューションセンター(DC)」で予約制による個別内覧会を実施する。

<ESR愛西ディストリビューションセンター>
ESR愛西DC

ESR愛西DC

<1階倉庫>
倉庫

<1階バース>
トラックバース

<事務所>
事務所

愛西DCは、10月31日に竣工。地上4階建て延床面積5万8071m2で、最小区画8186m2から最大6テナントが入居できる。

建物は3階まで直接アクセスできる双方向のランプウェイ式で、トラックバースは1階と3階に配置。梁下有効高は1階が6.5m、2階が6.8m(一部5.5m)と標準より高い仕様で、床荷重は重量物にも対応できるよう1階で2.0t/m2、2~4階で1.5t/m2を確保してある。

搬送用設備は、1・2階の各区画に積載荷量3.5tと5.0tの荷物用エレベーター各1基と、2パレット並列搬送が可能なパレット専用垂直搬送機各1基を、また、3・4階の各区画に積載荷量3.5tの荷物用エレベーター各2基と、パレット・カゴ車兼用垂直搬送機各1基を設置。

敷地内には20台分の大型トラック待機場を完備。高圧電力での電力供給によってロボティクス、マテハン、人用空調、ハイスペックなシステム導入など、多様なニーズに対応することができる。

<4階ラウンジ>
休憩所

また、ラウンジや休憩室、従業員用の駐車場や駐輪場を整備するなど、テナント企業の従業員にとって快適で魅力的な環境を提供。環境に配慮した施策を採用し「CASBEE」Aランクを取得しているほか、非常用発電機の設置などBCP(事業継続計画)にも対応した施設となっている。

所在地は、名古屋市近郊の内陸部で、東名阪自動車道「蟹江IC」から7.5km、名古屋第2環状自動車道「甚目寺南IC」から7.0km、国道155線に繋がる愛知県道79号あま愛西線まで500mと交通アクセスに優れた立地。名古屋市中心部まで15kmと近く、名古屋港や中部国際空港セントレアを利用することで、市街地への配送に加え、東海全域や関西、関東地方への広域配送にも対応が可能となっている。

名古屋市近郊は、物流施設の空室率が低くニーズの高いエリアで、3PLによる利用や、飲料品メーカー、EC、小売業界などの商品物流の拠点としての役割を担える好立地。雇用の観点では、周辺に住宅地があることに加え、名鉄津島線「藤浪駅」から徒歩通勤が可能で、名古屋市近郊や幅広い地域からの人材確保が容易にできる。

■ESR愛西ディストリビューションセンター施設概要
所在地:愛知県愛西市南河田町八龍5-8
敷地面積:3万3376m2
延床面積:6万3358m2
構造:地上4階建て・耐震構造・S造
竣工:2020年10月31日
用途地域:市街化調整区域(都市計画南河田工業団地地区計画)
企画設計・マスタープラン・基本計画:ESR(担当:武田 諭・鈴木 克則)
アクセス:【車】東名阪自動車道「蟹江IC」7.5km
名古屋第2環状自動車道「甚目寺南IC」7.0km
愛知県道79号あま愛西線まで500m
【電車】名鉄津島線「藤浪駅」1km(徒歩12分)、「勝幡駅」1.8km
【その他】名古屋市中心部まで15km
名古屋港まで22km
中部国際空港セントレアまで60km

■内覧会の開催概要
日時:11月9日(月)~11月20日(金)までの平日 各日10:00~17:00(事前予約制)
場所:ESR愛西ディストリビューションセンター(愛知県愛西市南河田町八龍5-8)
対象:荷主・物流企業(参加無料)
プログラム:①ESRの説明、ESR愛西DCの概要説明
②ESR愛西DCの施設内内覧会
③質疑応答

■申し込み
内覧希望日の5日前までに、下記の必要事項を記入のうえメールで申し込み。

<件名>ESR愛西DC内覧会出席
<必要事項>①社名
②氏名(代表者)
③参加人数
④希望日時(候補日・時間帯ともに複数指定)
⑤交通手段(車の場合は台数)

メール送付先:lease@jp.esr.com

■問合せ(ESR)
<島本>
TEL:03-4578-7159
MAIL:kshimamoto@jp.esr.com

<斎藤>
TEL:06-4560-4965
MAIL:ssaito@jp.esr.com

最新ニュース

物流用語集