新潟運輸/北陸道・長岡北スマートIC隣地へ物流拠点を新築移転

2020年11月05日 

新潟運輸は11月4日、新潟県長岡市内で長岡支店を新築移転すると発表した。

<長岡支店の移転先となる「長岡北スマート流通産業団地」>
長岡北スマート流通産業団地

移転先は、長岡市が整備を進めている北陸自動車道「長岡北スマートIC」直結の「長岡北スマート流通産業団地」で、新潟運輸は第③、第④区画の用地計2万4128m2へ進出。

同地に3階建ての事務所と、床面積4950m2の荷捌き場、荷捌き場の上層階を利用した同4950m2の倉庫、平屋で同1980m2の倉庫を建設する計画で、2021年春に着工し、2022年夏の操業開始を予定している。

現在の長岡支店は築後40年以上が経過し老朽化が進行しているほか、敷地も手狭なため、新施設への移転によってこれらの課題の解決を図る。

■長岡支店の新築移転計画概要
建設地:新潟県長岡市蓮潟町ほか地内(長岡北スマート流通産業団地第③、第④区画)
敷地面積:2万4128m2
用途:物流センター/倉庫
建物:3階建て事務所、荷捌き場(床面積4950m2)、倉庫(荷捌き場上層階4950m2、平屋建て1980m2)
着工:2021年春(予定)
操業開始:2022年夏(予定)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集