センコン物流/4~9月の売上高11.2%減、営業利益18.1%増

2020年11月12日 

センコン物流が11月12日に発表した2021年3月期第2四半期決算によると、売上高75億8000万円(前年同期比11.2%減)、営業利益3億1800万円(18.1%増)、経常利益3億1000万円(8.3%増)、親会社に帰属する四半期純利益1億8600万円(27.9%増)となった。

売上高は、新型コロナウイルス等の影響により運送事業で海上コンテナ貨物の取扱いと建設関連貨物等が減少したほか、乗用車販売事業の新車・中古車販売台数も減少し、前年同期を下回った。

利益面では、減収の影響がありながらも、倉庫事業の増収効果やアグリ事業の固定費等と営業費・一般管理費が減少したことで増益を確保した。

通期は、売上高163億円(0.7%増)、営業利益5億2000万円(17.9%増)、経常利益4億8000万円(6.7%増)、親会社に帰属する当期純利益2億8000万円(34.0%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集