佐川グローバルロジ/陸上自衛隊需品学校で物流研修を開催

2020年12月01日 

佐川グローバルロジスティクスは12月1日、陸上自衛隊需品学校で9月1日と11月30日の2回にわたり、部隊の指揮官や幕僚となるために教育参加中の中堅幹部に対する物流研修を開催したと発表した。

<座学>
陸上自衛隊需品学校

<現場研修>
陸上自衛隊需品学校

需品学校は補給業務全般に関する教育を行う防衛大臣直轄機関で、教育の一環として装備品の部品などの補給を行う際の倉庫管理の方法について、民間企業の先端技術を学ぶことを目的とした研修を実施している。

佐川グローバルロジスティクスの施設を利用した研修は今回が初めて。研修では、災害時に水や食料を供給するなどの役割も担う隊員の知見となるよう、SGホールディングスグループのBCPや緊急支援物資輸送など緊急時、災害時に対応した取り組みや、佐川グローバルロジスティクスのさまざまな先進的な物流技術などを講義。

また、検品、保管、ピッキング方法を紹介するとともに、千葉県柏市の物流施設「柏SRC」の設備や最新のロボティクス、テナントとして入居しているアパレル関係をはじめとした4社の作業現場を視察するなど、計23名の隊員が参加した。

最新ニュース

物流用語集