川崎汽船/水素バリューチェーン推進協議会に参画

2020年12月07日 

川崎汽船は12月7日、水素分野でのグローバル連携や水素サプライチェーンの形成を推進する新団体「水素バリューチェーン推進協議会」に参画したと発表した。

川崎汽船は、環境保全の長期指針に基づいて温室効果ガス(GHG)の排出削減を積極化している。水素の社会実装を進めると同時にさまざまなステークホルダーと連携し、水素産業の育成と発展に向けた取り組みを推進する「水素バリューチェーン推進協議会」の設立の趣旨に賛同し、参画を決定した。

「水素バリューチェーン推進協議会」は岩谷産業、ENEOS、川崎重工、関西電力、神戸製鋼所、東芝、トヨタ自動車、三井住友フィナンシャルグループ、三井物産の9社が準備委員会を立ち上げ、会の設立に向けて準備を進めていた。今回、理事委員である同9社に会員企業87社が加わり、会が立ち上がった。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集