商船三井、東北電力/風力推進装置搭載船舶で初の輸送契約

2020年12月10日 

商船三井は12月10日、東北電力と硬翼帆式風力推進装置「ウインドチャレンジャー」を搭載した石炭専用船による輸送契約を締結した。

<船体イメージ>
ウインドチャレンジャー

ウインドチャレンジャーは、伸縮可能な帆(硬翼帆)によって、風力エネルギーを推進力に変換する装置。搭載船での輸送契約は今回が初となる。

この石炭専用船は、2022年の運航開始に向けて大島造船所で建造を開始する予定。導入による温室効果ガス削減効果は、従来の同型船と比較して日本-豪州航路で5%、日本-北米西岸航路で8%を見込んでいる。

■ウインドチャレンジャー搭載石炭輸送船の概要
運航会社:商船三井
全長:235m
全幅:43m
載貨重量トン数:9万9000トン
建造場所:大島造船所
竣工予定:2022年

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集