日通/医薬品物流の国内2拠点目が大阪府寝屋川市で竣工

2020年12月23日 

日本通運は12月23日、新たな医薬品サプライネットワーク構築の核として新設する国内4拠点(東日本、西日本、富山、九州)のうち、10月に竣工した九州医薬品センターに続き2拠点目となる西日本医薬品センターを竣工したと発表した。

同社が保有する国内の倉庫では、Tokyo-C-NEX(2017年1月竣工)に次ぎ、2021年1月竣工予定の東日本医薬品センターと並び2番目の規模となる。

<12月18日の竣工式であいさつする齋藤社長>
20201223nittsu1 520x375 - 日通/医薬品物流の国内2拠点目が大阪府寝屋川市で竣工

<西日本医薬品センター外観>
20201223nittsu2 520x342 - 日通/医薬品物流の国内2拠点目が大阪府寝屋川市で竣工

日通は、医薬品に関するGDPの日本への導入に伴う医薬品物流の変化に対応し、GDPに基づく品質管理に加え、医薬品供給のBCP対応やドライバー不足への対応を含め、医薬品物流の全体最適を実現する医薬品サプライネットワークを構築することとしている。

竣工した西日本医薬品センターは、九州医薬品センターとともに西日本エリアへの供給拠点としての機能に加え、関西国際空港へのロケーション優位性を活かした原料、原薬の輸入や製品輸出など、国内外の医薬品サプライチェーンを見据えた戦略的拠点として位置付けている。

九州医薬品センターと西日本医薬品センターの竣工に引き続き、21年1月(予定)には東日本(埼玉県久喜市)、富山(富山市)の医薬品センターも順次竣工、同年2月からのサービス開始を予定している。

なお、西日本医薬品センターの特長として、規範としてGDPをクリア。安全・確実なオペレーションを確保するため、入荷エリア、保管エリア、出荷エリアを明確に区分し、入荷用と出荷用の専用EVをそれぞれ設置している。

また、入出荷作業の際の防虫管理とセキュリティのために、トラックドック、前室、エアシャワーを配置。定温、保冷の温度管理に加え、輸出入用の保税エリア、特殊医薬品エリアなどサプライチェーンのあらゆるニーズに対応している。

とらに、保管エリアは温度、セキュリティを総合監視。災害等に備えた、免震構造および非常用発電設備の設置している。

■倉庫の概要
住所:大阪府寝屋川市小路南 3-19
敷地面積:3万2356.62m2
建築面積:1万7280.02m2
延床面積:6万3564.79m2
構造:鉄筋コンクリート+鉄骨造地上4階建
設備等:免震構造、非常用発電設備、防虫・セキュリティ設備 他

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集