フェデックス/モデルナ社の新型コロナワクチン第1便を出荷

2020年12月25日 

フェデックス エクスプレスは12月19日、マッケソン・コーポレーションが扱うモデルナ社の新型コロナウイルスワクチンについて、全米へ向けた第1便の出荷に着手した。

<モデルナ社の新型コロナワクチン第1便>
モデルナ社の新型コロナワクチン第1便

食品医薬品局(FDA)がモデルナ社製新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認したことを受け、ワクチンと投与に必要な用品一式の輸送を開始。マッケソン社、米国政府の「ワープ・スピード作戦」チーム、州・地方政府関係者との数か月にわたる準備と綿密な計画を経て、全米の予防接種センターに配送される。

輸送には、配送状況をモニタリングする「フェデックス・プライオリティ・アラート」を付帯した「FedEx Priority Overnight」サービスを使用。ワクチン貨物には、Bluetooth Low Energy(低消費電力の通信モード)センサーを使用したフェデックスのモニタリング機器「SenseAware ID」が添付され、発送地から仕向地までフェデックス・プライオリティ・アラートの専任カスタマーサポート担当者が、モニタリングテクノロジーを用いてほぼリアルタイムでワクチン貨物の位置を追跡する。

フェデックスでは、ファイザー社とビオンテック社が共同開発したワクチンについて、先週から全米各地への輸送を開始。早ければ来週にもカナダでワクチン輸送を開始する予定で、他国へのワクチン輸送開始に向けた準備も進めているとしている。

最新ニュース

物流用語集