日通/海外引越作業に専用タブレット導入

2021年01月12日 
関連キーワード:

日本通運は1月12日、海外引越作業の生産性と作業品質の向上を図るため、専用タブレットを導入したと発表した。

<タブレットを使用した作業のようす>
20210112nittsu - 日通/海外引越作業に専用タブレット導入

<導入したタブレット>
20210112nittsu1 - 日通/海外引越作業に専用タブレット導入

国際間の輸送を伴う海外への引越では、梱包した箱ごとに梱包明細書を作成し、税関へ輸出申告する必要がある。従来は、作業スタッフが顧客宅で梱包作業を行いながら手書きで明細書を作成し、作業終了後、その明細書をもとにシステムにデータ入力を行っていた。

今回開発した専用タブレットは、引越作業の現場で直接システムへ梱包明細を登録することが可能。これにより、作業時間の短縮とともに、より高品質なサービスを提供できるようになった。

専用タブレットは音声認識機能を搭載しており、梱包作業で両手がふさがった状態でも入力が可能。作業指示書の参照や受領署名がタブレット上で可能で、個人情報保護やペーパーレス化の推進に寄与する。

また、現場で梱包内容をタブレットに入力することで、作業終了後のシステムへのデータ入力作業を解消。輸出先の国ごとに規制されている輸入制限品や禁止品については、システム上で制限品を入力するとアラームが鳴り、禁止品は登録ができない仕様となっている。

今後は、作業開始前の床や壁のキズのチェックや、貴重品の保管確認の事前チェック機能、顧客宅で預かった荷物のトラック積込時や倉庫到着後に行う個数チェック機能など、利便性の高い機能の開発を進めていく予定。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集