名環二/清洲東第一料金所の料金収受員がコロナ感染

2021年01月25日 

中日本高速道路(NEXCO中日本)は1月25日、愛知県清須市の名古屋環状2号線「清洲東第一料金所」で、料金収受スタッフ1名が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

このスタッフは、グループ会社の中日本エクストール名古屋に所属する50代の男性従業員。

1月13~14日にかけて清洲東第一料金所で勤務し、翌15日に発熱。16日に医療機関で風邪と診断され休養していたが、発熱が続くため21日に医療機関を再受診し抗原検査を実施したところ、新型コロナウイルスの陽性と診断され22日から入院している。

保健所による調査の結果、2名の料金所スタッフが濃厚接触者と確認されており、1月21日から自宅待機中。両名に体調不良は確認されていない。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集