関西エアポート/関西国際空港でのワクチンの輸送体制を構築

2021年01月28日 

関西エアポートは1月28日、「KIXワクチン輸送タスクフォース」を2020年12月に立ち上げ、協議を進めてきたが、このほど、関西国際空港でのワクチンの輸送体制を構築したと発表した。

<関西国際空港でのワクチン輸送体制>
20210128kansaiair1 520x189 - 関西エアポート/関西国際空港でのワクチンの輸送体制を構築

厳密な温度管理や迅速な輸入手続きなど高度な取扱いが求められる新型コロナウイルス感染症ワクチンの国内最初の窓口となる空港で、安全かつ確実な輸入、および搬送を行うため、物流に関わる関係者間で協議し、「迅速」と「安全」な輸送をコンセプトに貨物を最優先で取り扱い、ワクチンのリードタイムを極力短くする体制を構築した。

また、航空機の運航状況や天候など様々な状況を想定し、いかなる場合でもスムーズな輸送ができるようにリスク回避についても十分に考慮している。

関西エアポートは、社会インフラとしての責務を果たし、航空貨物業界として非常に重要な挑戦である今回のワクチン輸送を成功させるべく、引き続き関係者と準備を進めていくとしている。

<KIXワクチン輸送タスクフォース>
20210128kansaiair2 - 関西エアポート/関西国際空港でのワクチンの輸送体制を構築

なお、「KIXワクチン輸送タスクフォース」は、2020年12月21日、 国際輸送会社、国内輸送会社、グランドハンドリング・航空会社、 関係官公庁、製薬会社の5つの業界の会社とともに、空港でのワクチンの確実な受入れ、および安全で迅速な輸送を実現するために立ち上げ、それぞれの役割について分析し、協議している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集