澁澤倉庫/4~12月の売上高3.3%減、営業利益8.5%減

2021年02月08日 

澁澤倉庫が2月8日に発表した2021年3月期第3四半期決算によると、売上高492億3700万円(前年同期比3.3%減)、営業利益30億1700万円(8.5%減)、経常利益33億8500万円(4.8%減)、親会社に帰属する当期純利益24億400万円(0.0%増)となった。

物流事業の売上高は449億900万円(3.6%減)、営業利益は20億3300万円(16.1%減)だった。

各業務による売上高の内訳は、倉庫業務が、新設拠点の稼働に加え、日用品などの流通加工業務が好調に推移し、自動車部品や飲料の保管、荷役の取扱いが増加したことで、120億5800万円(7.4%増)、港湾運送業務は、船内荷役業務、日用品や化学品の輸出入荷捌業務が減少したことで、44億5900万円(6.4%減)となった。

陸上運送業務は、日用品、飲料、非鉄製品などの輸配送業務や、引越業務が減少し232億2300万円(9.4%減)、国際輸送業務は、輸出入海上貨物や香港、ベトナムでの海外現地法人の取扱いが減少したものの、輸出航空貨物の取扱いの増加や航空運賃の高騰で、35億4400万円(4.0%増)だった。

通期は、売上高667億円(0.2%減)、営業利益37億円(5.3%減)、経常利益40億円(4.2%減)、親会社に帰属する当期純利益27億円(4.1%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集