ラサール/ロジポート尼崎内に危険物倉庫2棟増築、日通に賃貸

2021年02月15日 

ラサールロジポート投資法人が資産の運用を委託する資産運用会社のラサールREITアドバイザーズは2月15日、同投資法人の保有資産「ロジポート尼崎」の敷地内で危険物倉庫を建設すると発表した。

<ロジポート尼崎 東危険物倉庫>
20210215lasalle 520x290 - ラサール/ロジポート尼崎内に危険物倉庫2棟増築、日通に賃貸

建設費などに総額4億5700万円を投じ、「ロジポート尼崎 東危険物倉庫」として平屋建て延床面積1000m2の倉庫を2棟建設する。4月上旬に着工し、9月下旬の引渡を予定。完成後は2棟ともに日本通運へ賃貸する。

危険物倉庫を建設することで、ロジポート尼崎の容積率未消化部分を活用し、収益力と資産価値の向上を図るとともに、昨今のアルコール消毒剤等の保管流通ニーズの高まりに対応する。

■ロジポート尼崎 東危険物倉庫の建設概要
建設地:兵庫県尼崎市扇町20
構造・階数:鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき平屋建て
延床面積:998.40m2×2棟
着工:4月上旬(予定)
引渡日:9月下旬(予定)
取得価格:4億5700万円(予定)
賃借人:日本通運

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集