川崎汽船/運航船300隻の船舶統合システムにAIデータ解析を採用

2021年02月17日 

川崎汽船は2月17日、運航船の約300隻に搭載する船舶統合システム「K-IMS」に、米国の海事産業向けAIのベンチャー企業、ベアリングが持つAIデータ解析技術を採用すると発表した。

<AIによるデータ解析イメージ>
20210217kline 520x350 - 川崎汽船/運航船300隻の船舶統合システムにAIデータ解析を採用

川崎汽船では船の性能評価精度向上を目的に採用を決めた。具体的には、同社が約20年にわたり収集した運航データと、ベアリングのAIデータ解析技術の融合し、運航船の高精度な性能評価を実現するとともに、安全で経済的な運航につなげて環境負荷の低減を進める。

川崎汽船では「高品質なデータの収集」と「高度なデータ解析技術」を主に性能評価技術向上に取り組んでおり、その一環として、2019年末からベアリングのAIによるデータ解析技術の実証実験を行っている。

今回、その実験結果から、これまでと比較して非常に高精度の運航性能評価が可能になることを確認したという。一方で、ベアリングからも川崎汽船が長年蓄積してきたデータの品質の高さが、解析技術を高め、高精度な性能解析が可能になるとの評価を得たという。

今後はベアリングの技術と高品質なデータを活用し、実海域で運航船の運航性能を正確に把握し運航管理に役立てる。同時に、ハード、ソフトの面を問わず、燃料消費削減の取り組みを正確に評価し、運航船の性能改善や運航管理の高度化を図るとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集