日本郵便/航空便での国際郵便物、19か国向けで引受再開

2021年02月18日 

日本郵便は2月18日、航空便での外国宛て国際郵便物について、2月26日から19か国を対象に荷物の引受を再開すると発表した。

取り扱いを再開する国は、アイルランド、アルジェリア、ウクライナ、アルゼンチン、クウェート、コロンビア、チリ、パキスタン、イラク、イラン、ウガンダ、エチオピア、ネパール、ルワンダ、オマーン、キプロス、モロッコ、ヨルダン、モザンビーク。

EMSについては、モザンビークを除く18か国で再開する。

なお、今回の再開にあたっては、リチウム電池を包有する郵便物は引き受けない。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集