DNP、東海理化/デジタルキープラットフォーム共同提供

2021年02月24日 

大日本印刷(DNP)と東海理化は2月24日、スマートフォンでさまざまな鍵の施錠・解錠を行えるデジタルキープラットフォームの提供を共同で開始した。

<デジタルキープラットフォーム>
20210224dnp1 520x293 - DNP、東海理化/デジタルキープラットフォーム共同提供

これは、自動車などのモビリティ分野に加え、小売・流通業や住宅業界など幅広い分野を対象に、デジタルキーの配信・管理を行うプラットフォーム。

デジタルトランスフォーメーション (DX) が進み、生活者の意識がモノの所有からシェアリングに変化すると予想されるなか、自動車や家のドアの開閉やロッカー等での荷物の受け渡しなどの多様なサービスをスマートフォン1台で利用できるようになる。モビリティ分野が求める高い情報セキュリティ技術をDNPが、自動車部品で培ったモノづくりと電波技術を東海理化が提供することで、両社の強みを掛け合わせ、さまざまな場面で物理的な鍵を必要としない、安全・安心で豊かな生活の実現に貢献していくとしている。

両社で構築したサーバーにより、スマートフォンを自動車や家などあらゆるものの鍵として利用できるようになる。 必要な時にスマートフォンアプリを通じてデジタルキーを速やかにダウンロードできる。このデジタルキーにより、物理的な鍵を所持・保管する煩わしさや紛失等のリスクから解放され、また、有効期限も設定できるため、シェアリングサービスの一時的な鍵としても利用できる。

<デジタルキー利用のビジネスモデル例>
20210224dnp2 520x302 - DNP、東海理化/デジタルキープラットフォーム共同提供

想定するビジネスモデル例の一つに、宅配ロッカーがある。スマートフォンで開閉できる宅配ロッカーは、近年需要が増えている個人配送向けの荷物の非対面受け取りに活用できる。デジタルキーにより安全な置き配を可能にすることで、宅配業者は再配達の手間がなくなり、宅配利用者は時間に縛られることなく生活動線上で荷物を受け取ることができる。

DNPと東海理化は、両社が強みとするデジタルキープラットフォームやスマートフォン・各種機器向けアプリケーションなどを最適に組み合わせ、さまざまな業界に向けてデジタルキー関連サービスを提供していく。

2023年度には、業界横断の団体Car Connectivity Consortium (CCC)が策定する次世代のグローバル標準仕様に対応した「FREEKEY Server generation 2 (フリーキー サーバー ジェネレーション2)」の開発・提供も予定している。デジタルキー関連事業で、両社で2025年度に50億円、2028年度には100億円の売上を目指す。

また、認証や決済、パーソナルデータの連動など、将来のスマートシティを支えるさまざまなサービスで共通に利用できる基本機能を揃えた総合的なプラットフォームの構築も推進していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集