商船三井/自動車運搬船に初のRMSVノーテーション付与される

2021年02月24日 

商船三井は2月24日、同社の自動車運搬船「ORCA ACE(オルカ エース)」が、日本海事協会から遠隔検査の準備を示す「Remote Surveyの船級符号(RMSVノーテーション)」を初めて付与されたと発表した。

<オンラインによる証書授与式の様子。日本海事協会の河関良則執行役員(左上)、エム・オー・エル・シップマネージメントの今井章景社長(右上)、商船三井の藤井仁スマートシッピング推進部長(左下)、(右下)Orca AceのSergey Nichiporenko船長>
20210224mol 520x294 - 商船三井/自動車運搬船に初のRMSVノーテーション付与される

ORCA ACEは、商船三井が運航し、エム・オー・エル・シップマネージメントが管理する。ICT(情報通信技術)を活用し、船の乗組員が撮影するリアルタイムの映像などを使って、検査員が訪船をせずに遠隔で検査ができるシステムを搭載。船までの移動や乗下船の時間を削減できるとともに、非対面・非接触で検査の受検が行える。

これまで日本海事協会の立会検査では、検査員が訪船して船上の検査箇所を現場で乗組員と共に確認・検査していたため、時間がかかるなどしていた。商船三井によると、同船は日本海事協会のRMSVノーテーションが付与された初の船舶になるという。

商船三井は、自社で取り組む「ICTを活用した船内環境見える化システムの構築」のプロジェクトが、国土交通省の「先進安全船舶技術開発支援事業」に採択されている。

プロジェクトでは日本海事協会と共同研究と実証実験を行ってきており、今回は、その成果の一環で、RMSVノーテーションが取得できたとしている。同社では、今後もIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などのICTを活用し、運航の安全性・効率性の向上をさらに図っていくという。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集