Hacobu/動態管理サービスに協力運送会社の管理支援機能

2021年02月24日 

Hacobuは2月24日、動態管理サービス「MOVO Fleet(ムーボ・フリート)」の新機能「荷主・配送先専用画面&メール通知」と「日野コネクティッドトラック連携 – 傭車版」を追加したと発表した。

<荷主・配送先専用画面&メール通知のイメージ>
20210224hacobu 520x279 - Hacobu/動態管理サービスに協力運送会社の管理支援機能

「荷主・配送先専用画面&メール通知」は、車両管理で発生する荷主、配送先、ドライバーとの煩雑な電話業務を削減するもの。

荷主や配送先ごとに専用URLを発行し、システム画面を直接閲覧してもらうことで、車両の位置情報や配送状況を共有することが可能。配送地点への到着前や到着後、または遅延が見込まれる際にメールで通知することもできる。

<日野コネクティッドトラック連携 – 傭車版のイメージ>
20210224hacobu1 - Hacobu/動態管理サービスに協力運送会社の管理支援機能

また、「日野コネクティッドトラック連携 – 傭車版」では、従来は自社保有車両のみに対応していたMOVO Fleetでの配送状況の把握機能を、協力運送会社の保有車両でも利用可能にした。

GPSを標準搭載している日野自動車のコネクティッドトラックであれば、協力会社からデータ開示の承諾を得ることで、MOVO Fleetで配送状況を把握することができるようになる。

動態管理サービス「MOVO Fleet」は、GPSを使った車両位置把握によって車両管理の業務負荷軽減や配送の効率化を行うことが可能な、物流業界に特化したテレマティクスサービス。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集