ソシアルインテグレーション/自動梱包×ラベリングシステム発売

2021年03月01日 

ソシアルインテグレーションは3月1日、今まで手作業で行っていた発送業務(封函、荷札の貼付け)の自動化を実現する「LPA」(LABEL PACKAGE AUTOMATION)を開発、全国販売を開始した。

<ラインの例>
20210301social1 520x320 - ソシアルインテグレーション/自動梱包×ラベリングシステム発売

導入メリットとして、大幅な人件費削減がある。荷札貼付けや封函作業など、今まで時間を要していた作業をオートメーション化し、大幅に人件費を削減できる。特に発送数が多いほど削減率が向上する。

荷札の印刷・封函など、手作業では時間がかかってしまう梱包作業も、自動化することで正確かつ圧倒的なスピードで完了する。

また、ライン上でバーコードラベルと荷札ラベルのバーコードを照合し、荷札の貼り間違えを防ぐ。バーコードラベルは納品書のバーコードと同じなので、封函後でも内容物の識別が可能だ。

<カスタマイズの例>
20210301social2 520x146 - ソシアルインテグレーション/自動梱包×ラベリングシステム発売

さらにこの「LPA」は小規模オフィスにも導入可能なコンパクト設計となっており、様々なラインカスタマイズも可能となる。

導入価格は2500万円~。

■詳細な内容
https://www.socialintegration.co.jp/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集