郵船ロジスティクス/成田空港で航空輸送認証基準の認証を取得

2021年03月15日 

郵船ロジスティクは3月15日、成田国際空港で医薬品で航空輸送認証基準である CEIV Pharma 認証を3月12日に取得したと発表した。

CEIV Pharma 認証(The Center of Excellence for Independent Validators in Pharmaceutical Logistics)は、国際航空運送協会(IATA)が策定した、医薬品の航空輸送品質認証。医薬品の航空輸送におけるグローバルでの統一基準として、世界各国の GDPを包括的に網羅した内容となっており、高い輸送品質を保ったサプライチェーンを構築することを目的としている。

成田国際空港を運営する成田国際空港では、医薬品貨物の取り扱い品質を向上し、成田空港での物流をさらに促進するために、CEIV Pharma 認証の共同取得に向けて「成田空港コミュニティ」を 2019年9月に結成し、同社も同コミュニティとして成田国際空港の支援を受け、認証取得に向けて取り組みを進めてきた。

同社は品質管理やオペレーション改善により、より安全で高品質なサービスの提供が行われていることが認められ、2021年3月12日に成田国際空港で CEIV Pharma 認証を取得した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、海外に拠点を置く監査員による実地監査が行えない状況だったが、オンラインでのリモート監査により、同認証を取得することができた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集