センコー/蓄電池物流のプラットフォーム構築、本格参入

2021年03月29日 

センコーは3月29日、脱炭素に向け蓄電池の需要増加がさらに見込まれることから、蓄電池物流のプラットフォームを構築して同物流事業に本格参入し、事業拡大を図ると発表した。

<蓄電池物流のプラットフォームフロー図>
20210329senko 520x311 - センコー/蓄電池物流のプラットフォーム構築、本格参入

2020年10月に政府が発表した「カーボンニュートラル宣言」(2050年に温暖化ガスの排出実質ゼロ)により、今後、EV(電気自動車)やスマート住宅の普及など、蓄電池の需要はさらなる拡大が見込まれる。

こうした諸環境への対応を図るべく、同社はデジタルプラットフォームを駆使し蓄電池部材の 「生産物流→販売物流→ リサイクル物流」とサプライチェーン全体にわたるプラットフォームの構築に取り組んでいる。

これをさらに進めるため、今年4月、マテリアル物流営業本部内に営業窓口を設置すると共に、今春、ワークショップの開催を計画している。

なお、同社は、約10年前から太陽光発電の普及に伴い、主に住宅向けの発電パネルや蓄電池の輸送に取り組み、さらに最近では、自動車用鉛電池の保管・配送など、長年にわたり物流のノウハウを築き上げてきた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集