オプティマインド/自動配送ロボットの実証実験に参画

2021年04月02日 

オプティマインドは4月2日、茨城県筑西市で三菱商事、三菱地所、東京海上日動火災保険が実施する「自動配送ロボットによるラストワンマイル配送の実証実験」に、パートナー企業として参画すると発表した。

<Loogia上でのルーティング結果画面>
20210402optimind 520x273 - オプティマインド/自動配送ロボットの実証実験に参画

実証実験では、オプティマインドがルート最適化システム「Loogia」によって最適な配送順番を計算し、ティアフォー社が開発する自律走行ロボット「LogieeSS」に対して計算結果をAPIを通じて提供する。

具体的には、注文を受けたオペレーターが顧客注文情報を入力し「注文確定」をすると、自動で「Loogia」に対する計算リクエストが行われ、その計算結果が「LogieeSS」の走行スケジュールとして登録されるシステム連携を実装。これにより、注文から配送完了まで人の手を介在することなくシームレスな連携を実現する。

オプティマインドが三菱商事、三菱地所、東京海上日動による「自動配送ロボットによるラストワンマイル配送の実証実験」に参画するのは、2020年12月に岡山県玉野市で行われた実証実験に次いで2度目。

前回は、「事前予約」の顧客注文情報から配送順と走行経路を計算し自動配送ロボットに提供したが、今回の実証実験では「リアルタイム」に入力された情報をもとに配送順と走行経路を計算し、ロボットに提供する。

政府は2020年7月17日に閣議決定した「成長戦略実行計画」で、低速・小型の自動配送ロボットの社会実装に向け「遠隔監視・操作」型の公道走行実証を可能な限り早期に実現し、その結果を踏まえ制度設計の基本方針を決定するとしており、今回の実証実験はこうした政府方針を踏まえて実施するもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集