日本郵船/自動車船の運航スケジュール策定支援システム開発

2021年04月09日 

日本郵船は4月9日、グループ会社のNYK Business Systems(NBS)と、自動車専用船の運航スケジュール策定支援システムを開発し、運用を開始したと発表した。

<システム利用イメージ>
20210409nyk 520x302 - 日本郵船/自動車船の運航スケジュール策定支援システム開発

同システムは、手動計算では導き出せなかった最適スケジュールを提示することで、運航担当者の業務を効率的に支援するもの。

船舶ごとの運航データをタイムリーに収集するSIMS (Ship Information Management System)などの社内システムと連携しており、寄港地や積み降ろし台数などの条件を指定すると短時間に数十万通りのシミュレーションを行い、寄港地への到着日時や航行速度設定など、船舶ごとの最適な航行スケジュールを提示する。

また、同システムでは船舶が排出するGHG(温室効果ガス)を最小化するスケジュールの策定も可能で、気候変動に対応したサービス実現にも寄与する。

今後は、システムの演算ロジック改良と既存の社内システムとの連携を深度化させ、さらなるシミュレーション精度の向上を目指す。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集