センコーGHD/上海低温物流センター稼働、冷凍・冷蔵物流強化

2021年04月14日 

センコーグループホールディングスとランテック、中国の「中外運跨境電商物流(シノトランスエア)」の3社が出資する合弁会社「中外運扇拡国際冷鏈物流(上海)は、中国・上海市嘉定区内に冷凍・冷蔵機能を持った「上海低温物流センター」を2021年3月25日から稼働させたと発表した。

<上海低温物流センターの外観>
20210414senko1 1 520x390 - センコーGHD/上海低温物流センター稼働、冷凍・冷蔵物流強化

<上海低温物流センターの内観>
20210414senko2 520x390 - センコーGHD/上海低温物流センター稼働、冷凍・冷蔵物流強化

中外運扇拡は、センコーの現場力とランテックの冷凍・冷蔵物流の技術・ノウハウを活かし、中国国内の冷凍・冷蔵物流需要に対応するため設立され、今回、2018年11月に稼働させた「北京物流センター」に続き、同社2拠点目の低温物流センターを開設させたもの。

新センターは、上海港から約40㎞、虹橋空港から約13㎞に位置し、上海市と近郊主要エリアを繋ぐ高速道路へもアクセスが良く、上海市及び近郊地区をカバーできる好立地にあり、シノトランスエアのグループ会社が所有する倉庫の一部を賃借し、日本品質のサービスを提供できるよう改造。

延床面積約3830m2の2階建て冷凍・冷蔵倉庫で、トラックバースにはドックシェルター8基を備え、外気温に触れることなく保管商品の荷捌きが可能。移動ラックやドックレベラー、垂直搬送機の導入で荷役効率の向上を図ると共に、冷凍・冷蔵設備も日本製の省エネ型の自然冷媒冷凍機を採用し、CO2排出量削減にも配慮している。

中外運扇拡は、新センターの稼働でさらなる事業拡大を図るとともに、中国での食品や酒類の輸出入・国内販売ライセンスを活かして、物流と商流を一体化させたサービスの提供も進める。

■上海低温物流センターの概要
所在地:上海市嘉定区解放島東環路468号
建物構造:鉄筋コンクリート造り 高床式2階建て
延床面積:3830m2
 1F 冷蔵294m2、冷凍1057m2
 2F 冷蔵186m2、冷凍2293m2
主要設備:垂直搬送機 2基
ドックレベラー 8基
ドックシェルター 8基

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集