イー・ロジット/旺盛なEC需要により、3月期の売上高27.6%増

2021年05月14日 

イー・ロジットが5月14日に発表した2021年3月期決算によると、売上高106億9600万円(前年同期比27.6%増)、営業利益2億3800万円(180.8%増)、経常利益2億4100万円(134.8%増)、当期純利益1億5100万円(98.0%増)となった。

同社の通販物流事業を取り巻くBtoC-EC市場での物販系分野は、2019年は市場規模10兆515億円(前年比8.09%)、EC化率6.76%(前年比0.54ポイント増)と拡大している(経済産業省「令和元年度 電子商取引に関する市場調査」)。2020年は新型コロナウイルス感染症拡大に伴い同年4月初旬に政府により発令された緊急事態宣言以降、外出自粛等の影響による個人の消費活動の大きな変化に伴い、いわゆる「巣ごもり消費」の傾向が強くなってきており、同社の主たる顧客である通販事業者が属するEC市場は今後も引き続き拡大すると予想されている。

このような事業環境の中、新規顧客獲得及び既存顧客との取引量拡大に対応するため、2021年1月に千葉県習志野市に習志野フルフィルメントセンター(延床面積4700坪)を新規開設した。これにより、2021年3月末での同社が運営するフルフィルメントセンターの施設数は、東京都に2施設、千葉県に1施設、埼玉県に2施設、大阪府に1施設の合計6施設、総延床面積は3万7900坪となった。

次期は、売上高135億7500万円(26.9%増)、営業利益3億2300万円(35.6%増)、経常利益3億2500万円(34.9%増)、当期純利益1億9700万円(30.4%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集