三菱商事/シェアリング倉庫サービスを5月18日正式リリース

2021年05月18日 

三菱商事は5月18日、シェアリング倉庫サービス「WareX(ウェアエックス)」を正式リリースした。

<WareXイメージ画面>
20210518mitsubishis 520x312 - 三菱商事/シェアリング倉庫サービスを5月18日正式リリース

誰でも簡単に倉庫を探して使える世界を目指し、開発したのがシェアリング倉庫サービス「WareX」。北米でシェアリング倉庫業界をリードするFLEXEと資本業務提携を結び、⽇本市場でのローンチを目指してきた。今回、2020年7月に公開したベータ版に新たな機能を追加したもの。

WareXは、価格・場所などの条件を踏まえた倉庫検索から入出荷の進捗までチームで⼀元管理できるシェアリング倉庫サービス。見積もり不要・従量課金・設備や人の手配不要・入出荷管理・チームでの⼀元管理という、5つの特徴で顧客の倉庫利用をサポートする。

新しい機能は、これまでの倉庫検索、引き合い管理に追加して、入出荷マネジメントとワークスペース機能。

入出荷マネジメントでは、入出荷タスクを可視化して、進捗管理することができる。誰が見ても、どの案件が今どのステータスなのか、何をすべきなのかが⼀目瞭然となる。

ワークスペース機能では、ユーザーは複数のワークスペースを作ったり、所属したりすることができ、チームメンバーを招待することができる。チーム全員で情報を共有して、WareXを利用できる。

今後も「WareX」は、倉庫利用者と倉庫提供者の利便性の向上のために継続的なサービス拡充を実施していく。更なる機能として、在庫管理や温度帯の異なる倉庫管理、オンライン上でのコミュニケーション機能の強化を行っていく予定だ。

■公式ウェブサイト
https://warex.ai/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集