スタンデージ、山九/物流費用デジタル通貨決済サービス開始

2021年05月19日 

スタンデージと山九は5月19日、物流業界初となる、デジタル通貨を活用した物流費用の決済サービスを同日から開始したと発表した。

使用可能なデジタル通貨は、USDCoin(米ドルに連動した暗号資産)をはじめとする法定通貨を裏付けに発行され、法定通貨に価値が連動したステーブルコイン。

スタンデージと山九は、2021年2月より、アフリカ最大の経済大国ナイジェリアと日本間の国際輸送において、物流業務を担う山九への物流費用の決済にデジタル通貨を活用する実証実験を 4回実施した。

<今回の実証実験の流れ>
20210519sankyu1 520x293 - スタンデージ、山九/物流費用デジタル通貨決済サービス開始

実証実験は「 1.バイヤー企業が商品代金をデジタル通貨USDCoinにて、ブロックチェーン上のデジタル金庫にデポジット(エスクロー:取引の際に、 売り手と買い手の間に信頼を置ける中立な第三者を仲介させること)」「 2.セラー企業が商品を発送し、 バイヤー企業が商品を無事受け取る」「 3.セラー企業・バイヤー企業両社の鍵を使い、デジタル金庫から商品代金を引き出し、セラー企業に支払い」「4.セラー企業がUSDCoinにて物流費用を山九へ支払い」の流れで実施。

実証の結果、物流費用の支払い方法として支障なく実行でき、 成功した。これまでの貿易は、輸出国と輸入国の2か国で完了することが通常だったが、近年は、多国間の自由貿易やサプライチェーンの発達により、三国間輸送をするケースが増えている。日本でも、海外生産拠点を展開する企業が増えたことにより、三国間輸送のニーズは増加している。

このサービスにより、海外企業・法人間での三国間輸送の増加を見据えた際に、三国間輸送のメリットである物流の輸送時間の短縮に加え、暗号資産の強みである安全・安価・迅速な支払いを実現したことで、金流(お金の流れ)の簡便化を図る。

スタンデージと山九は、2020年3月に資本業務提携を行い、スタンデージの暗号資産を活用した貿易決済サービスを強みとする貿易総合プラットフォーム「DiGiTRAD」と、山九の強みである国際物流サービスを連携しており、安心・安全・簡単に貿易を行える国際輸送サービスの構築、物流業務のDX化を共同で進めている。

<今後検証していく流れ>
20210519sankyu2 520x293 - スタンデージ、山九/物流費用デジタル通貨決済サービス開始

今後、両社は「DiGiTRAD」のブロックチェーン技術を基盤とした貿易決済システムのデジタル金庫(エスクロー)を活用し、 貨物配送のステップに応じて デジタル金庫から自動的に物流費用が支払われるというスマートコントラクトを活用したシステムの構築に取り組んでいくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集