西鉄/国際物流事業の新拠点、福岡市博多区に2022年開設

2021年06月18日 

西鉄は6月17日、国際物流事業本部の物流新拠点として、福岡市博多区東那珂に「福岡ロジスティクスセンター」を2022年9月に開設すると発表した。

<福岡ロジスティクスセンター完成予想図>
20210618nishitetsu 520x243 - 西鉄/国際物流事業の新拠点、福岡市博多区に2022年開設

福岡ロジスティクスセンターは、福岡空港、博多港、福岡都市高速環状線に近く、航空・海上輸送サービスの提供に適した立地にある。開設にあたり、現在福岡地区に複数ある倉庫を集約し、業務効率化を図ると共に、現在の約4倍の総面積と立地優位性を活かし、サービスの充実・品質の向上を図ることで、九州発着の輸出入貨物の取扱いを拡大していく。

このロジスティクスセンターは、温度調整管理機能を備えた冷蔵倉庫を有しており、生鮮食品・生花などの保管が可能。さらに、西鉄運輸と協働し、保冷保管・保冷輸送を繋げたコールドチェーンを構築することで、西鉄ブランドによるグループシナジーを追求し、アジアを始め世界で需要のある九州の農産物の輸出拡大に寄与する。

その他、非常用電源を設置しBCPに対応するほか、西鉄運輸による輸出入貨物の集配送における共同運送の取入れや、再利用可能な器材の導入など、ESGの視点の取組みを推進していくとしている。

■ 「福岡ロジスティクスセンター」概要
所在地:福岡市博多区東那珂二丁目17番1
竣工予定日:2022年8月
敷地面積:5575m2
延床面積:1万1558m2
倉庫:9793m2
事務所:1331m2
建物構造:RCSS 造(一部鉄骨造)地上4階建、各階天井高5.5m、床荷重 1.5t/㎡
倉庫仕様:4階 空調倉庫
     3階 冷蔵倉庫、空調倉庫
     2階 空調倉庫
     1階 常温倉庫(保税倉庫)
土地建物所有者:清水建設※同社からの一括賃借による

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集