ビットキー/佐川急便と玄関内への置き配で実証実験

2021年06月23日 

ビットキーは6月23日、佐川急便と東京都内のオートロックマンションで、玄関内への配達に対応した置き配の実証実験を行ったと発表した。

<顔認証でオートロックエントランスを通過する佐川急便の配達員>
20210623bitkey 520x272 - ビットキー/佐川急便と玄関内への置き配で実証実験

実証実験は、東京都江東区のオートロック付マンションで2月中旬〜3月上旬にかけて実施した。

ビットキーの提供するマンションのエントランスと専有部の電子制御ドアに対応したスマートロック「bitlock GATE」と「bitlock LITE」を佐川急便の配達員が使用。住民がECサイトで注文した商品を、購入者の要望に応じて専有部の玄関前もしくは玄関内に配達した。

今後は、実験で洗い出した課題を解決するほか、ニーズの深堀やユーザーの声を吸い上げるべく、2021年秋頃に次回の実証実験を予定している。

両者による実証実験は、佐川急便が実施したスタートアップ企業との共創プログラム「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」にビットキーが採択されたことを受けて行われたもの。

■実証実験の概要
場所:東京都江東区のオートロックマンション
期間:2月中旬〜3月上旬
実証内容:新しい置き配実施における、課題の洗い出しと利用者のニーズの調査
事前設置物:オートロックエントランスのドアと連携した「bitlock GATE」
顔認証を可能にする、「bitlock GATE」と連携したタブレット端末
専有部向けスマートロック「bitlock LITE」と置型のセキュリティカメラ(専有部の玄関内に配達する「ドアナカ」を希望した世帯に限り)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集