SGシステムほか/福知山市の窓口業務自動化にAI-OCRとRPA適用

2021年06月29日 

SGシステムとフューチャーアーキテクトは6月29日、京都府福知山市の子ども政策室と高齢者福祉課の主要業務を対象に、2020年10月~2021年1月にかけて、AIを活用したOCR(光学的文字認識)と RPA(Robotic Process Automation)の連携による紙帳票の読取り・データ入力等の自動化へ向けた実証実験を行ったと発表した。

その結果、業務時間で約20%の削減効果があったことを受け、一部の実業務への適用を開始している。

SGシステムとフューチャーアーキテクトは、実証実験の対象となった子育て支援政策と高齢者福祉政策の窓口に関連する業務の現状を調査。課題と改善ポイントを明確にした上で、形骸化した帳票の廃止や認定・支給台帳の統合を行い、業務プロセスとデータの適正化をサポートした。

またAI-OCRとRPAを連携させることにより、紙帳票の文字データの自動読取りからデータ入力、集計・加工、出力までの一連の作業の効率化を図った。こうした業務改善と最新技術の活用により、子育て支援政策で18.6%、高齢者福祉政策で 20.0%の窓口に関連する業務の省力化を実証した。

この結果を受けて、対象となった高齢者福祉政策の窓口に関連する業務では、実証実験で統合した台帳の運用をすでに開始し、子育て支援政策の窓口に関連する業務においては、申請書フォーマットの見直しを含む、AI-OCRおよびRPAの適用を今年度実施する予定だ。

また、今後は、定量的な実効性評価をもとに他業務への適用を検討していく。

SGシステムとフューチャーアーキテクトは、福知山市でのSDGsの GOAL11「住み続けられるまちづくりを」の実現に向け、パートナーシップによる貢献を果たしている。今後も実業務で十分なパフォーマンスを発揮するAIモデルを開発・実装する技術力と業務改革ノウハウを強みに、企業や自治体などの業務とITをトータルにデザインし、未来に新たな価値を創造するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集