LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日通/フランス日通が自社倉庫内でGDP認証を取得

2021年06月29日/国際

日本通運は6月29日、現地法人のフランス日通がパリ・シャルル・ド・ゴール空港内に立地する自社倉庫内で、一時保管を含むフォワーディング業務(航空・陸上)に関し、医薬品の適正流通基準である GDP(Good Distribution Practice)認証を、認証会社「Bureau Veritas Certification France」より取得したと発表した。

<倉庫外観>
20210629nittsu1 520x386 - 日通/フランス日通が自社倉庫内でGDP認証を取得

<空調施設>
20210629nittsu2 520x385 - 日通/フランス日通が自社倉庫内でGDP認証を取得

発効日は5月19日。

フランスは、世界的に有名な大手製薬企業に加え、数多くの医薬に関する有力研究機関が存在し、医薬品製造と開発の集積拠点となっている。

フランス日通は、自社倉庫内の2℃~8℃(冷蔵)、15℃~25℃(定温)の2温度帯による温度管理機能を備えた空調施設(合計100m2)で、一時保管業務と同社の国際温度管理輸送サービスを組み合わせ、医薬品産業の顧客の物流ニーズに対応する。

■施設概要
名称:フランス日本通運 ロワシー倉庫
(NIPPON EXPRESS FRANCE, S.A.S.) Roissy Warehouse
住所:1 Rue du Chapelier B.P. 18177 95702 Roissy C.D.G. CEDEX FRANCE

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース