CBRE/全国の大型マルチ型物流施設430棟を網羅し公開

2021年06月29日 

CBREは6月29日、物件検索サイト「PROPERTY SEARCH(プロパティサーチ)」で、全国の大型マルチテナント型物流施設を掲載した「LOGIMAP 2021」を公開した。

<首都圏の物流施設(地図裏面スキャンイメージ)>
20210629cbre1 520x372 - CBRE/全国の大型マルチ型物流施設430棟を網羅し公開

<関西及び地方都市圏の物流施設(地図表面スキャンイメージ>
20210629cbre2 520x292 - CBRE/全国の大型マルチ型物流施設430棟を網羅し公開

このLOGIMAPは、2021年3月末時点で各社より発表されているデータに基づき、全国(23都道府県)の大型マルチテナント型物流施設430棟をプロットした地図。「首都圏」と「関西及び地方都市圏」の物流施設で構成されている。2020年度版以降、免震物流施設の情報を付加している。

新型コロナウイルス感染症の影響による消費スタイルや生活様式の変化を受けて、企業は在庫や物流に対する考え方の見直しを求められている。また中長期的には、サプライチェーンの見直しによる拠点分散や、通販の拡大で、物流施設の需要は増加することが予想される。「LOGIMAP 2021」は、こうした変化に対応し、全国の大型マルチテナント型物流施設を網羅的に把握するためのツールとして活用できる。

■CBRE LOGIMAP2021の詳細(実物は紙の地図)
地図表面:関西及び地方都市圏の物流施設
地図裏面:首都圏の物流施設
エリア:全国(23都道府県)北海道、岩手、宮城、福島、東京、埼玉、神奈川、千葉、茨木、栃木、
愛知、静岡、三重、岐阜、富山、大阪、兵庫、京都、滋賀、広島、岡山、福岡、佐賀
大型マルチテナント型物流施設の規模:首都圏・関西は延床面積1万坪以上、その他のエリアは5000坪以上
掲載数:430棟
免震構造の施設:黄緑色で印
倉庫内に空調設備を備えた施設:物件名の後ろに★印

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集